自己破産は闇金からの借金も返さなくていいってホント?!

自己破産は闇金からの借金も返さなくていいってホント?!

MENU

自己破産は闇金からの借金も返さなくていいってホント?!

債務整理の方法の1つに、自己破産があります。この自己破産は、収入が少ないなどの理由でどう見ても返済が不可能な場合に、裁判所に破産宣告をして、借金を帳消しにしてもらう方法です。免責が下りた時点で、借金からは解放されます。しかしこの方法には、いくつか気を付けておくべき点もあります。
まず官報に氏名が記載され、金融業や士業の人は一時的に停職になることです。とはいっても、日常的に官報に目を通す人はそういませんし、一時的な停職にしても、企業に勤めている場合は、転属などの処置が採られることが多いので、自分から言い出さない限りまずわかりません。しかし厄介なのは、闇金業者が官報に目を通し、破産者にDMを送付していることです。ご存知の方も多いかと思いますが、闇金は非合法の金融業者で、高金利でお金を貸し、返済できない時の取り立ても、1日中督促の電話をかけまくったり、家や勤務先にまで押し掛けて来たりします。このような業者ですので、自己破産後闇金から融資のDMが来ても無視するようにしてください。もし闇金に申し込んでしまった場合は、専門の弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。
それから、債務整理後は7年間、お金の借り入れやカードの申し込みができなくなります。銀行の場合はさらに厳しく、10年かかります。ですから免責が下りた後は、できるだけ現金決済を心がけるようにしましょう。中には闇金以外で、ブラックでも利用できる金融業者もありますが、債務整理というのは、それまでの借金に依存しがちな体質を改める機会でもあるのですから、極力利用しないように、自分の収入だけでやりくりするようにしましょう。もしネットショッピングなどでクレジットカードが必要な場合は、残高分だけ使えるデビットカードを作っておくと便利です。それから、1度自己破産をすると7年間はできませんし、2度目の場合は免責が下りないこともあるので気を付けてください。
また、自己破産の手続きを司法書士に依頼できるのは債務額が140万円までの場合です。これは、司法書士の代理業務で金星胃が絡む場合は、対象となる金額が140万円までに限られているためで、従って、裁判所での破産宣告は自分で行うことになります。ですから債務額が140万円を超えそうな場合は、弁護士に依頼するといいでしょう。ただし、司法書士に依頼したとしても、手続きは行ってくれますし、当日は裁判所にも同行してくれますので、特に心配はいりません。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産は闇金からの借金も返さなくていいってホント?!関連ページ