自己破産したあと賃貸を借りるために知っておくべきこと3つ

自己破産したあと賃貸を借りるために知っておくべきこと3つ

MENU

自己破産したあと賃貸を借りるために知っておくべきこと3つ

賃貸物件を借りるときは、家賃保証会社の審査を受けます。
通常なら問題なく通過する審査ですが、自己破産経験者は通るか不安になるものです。
家賃保証会社の審査が不安になる原因は、ブラックリストに登録されているためです。
自己破産をすると、ブラックリストに登録されローンなどの審査が通らなくなるので、家賃保証会社の審査が心配になります。
特に、自己破産をしてマイホームを失った人のほとんどは、新しく賃貸物件を契約することになるでしょう。
審査に落ちて契約できないと住むところがなくなるので、切実な問題です。
実際に自己破産が賃貸物件の契約に影響するかは、審査をする家賃保証会社によって違います。
家賃保証会社にもいろいろなタイプがあり、問題となる可能性があるのは信販系の会社です。
信販系の家賃保証会社は、審査が厳しいとされています。
そのため、数年以内に自己破産をしたことがある人は、ブラックリストに登録されている影響で審査に落ちることはあります。
ですが、信販系以外の家賃保証会社なら、審査に通る可能性は高いです。
絶対に審査に通って賃貸物件を借りられるとは言い切れませんが、借りられる可能性は高いでしょう。
そもそも信販系以外の家賃保証会社は、個人信用情報機関の情報を審査で参考にしません。
過去に自己破産をしたことがあるバレずに、賃貸物件を借りられるほどです。
自己破産をした人が賃貸物件を借りるときは不安かもしれませんが、心配する必要はありません。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産したあと賃貸を借りるために知っておくべきこと3つ関連ページ