自己破産|法律素人のための【手続きの流れ】徹底ガイド

自己破産|法律素人のための【手続きの流れ】徹底ガイド

MENU

自己破産|法律素人のための【手続きの流れ】徹底ガイド

膨大な借金のために返済が不可能となった場合は自己破産をすることになりますが、その時の流れは一体どうなっているのでしょうか。

まず自己破産と言いましても、その時の状況によって同時廃止と少額管財といった二つの方法があります。
同時廃止は高額な財産がなく破産管財人が調査をする必要がない場合に免責手続だけを行ないますので、とても簡単で数ヶ月で全ての手続きが終わります。
その同時廃止の流れですが、弁護士にまず依頼を行ない、弁護士が受任通知を消費者金融などの各貸金業者に発送して取り立てを止めてもらいます。
弁護士は取引履歴を見て正しい取引がなされていたかを確認して正しい債務額を確定します。
これらが準備期間となり、提出する申立書類を作成し裁判所に出向き、その場で裁判官と面接を行ないます。
即日面接の後に破産手続開始決定が裁判所から出され、同時に免責審尋期日が決められます。
免責審尋が終わると約1週間後に裁判所から免責許可決定が出され、その後1ヶ月後に免責許可決定が法的に確定して、同時廃止の手続きが完了します。

もう片方の少額管財も先ほどと同じように受任通知から債務額の確定までの準備期間と裁判所から出される破産手続開始決定までは同じ流れになります。
その破産手続開始決定が出された後に破産管財人も決定します。
裁判所での即日面接から数週間後に管財人面接が行なわれ、借金をした理由や中身、収入、財産の中身などの審問が行われます。
多くの方がなされないと思いますが審問時に嘘を付いたり、回答しなかったりすると免責が許可されない場合があります。
管財人面接から4か月から半年後に裁判所で裁判官や破産管財人などが出席する債権者集会が行われます。
この債権者集会では収支や財産の報告や免責についての意見陳述が行われて、債権者に異議があるか問われます。
異議がない場合は数分で終わるケースも多く、しっかりとした内容であれば心配することはありません。
それから約1週間後に裁判所から免責許可決定が出され、その後1ヶ月後には免責許可決定が法的に確定して、同時に少額管財の手続きが完了します。

このように自己破産は二つの方法がありますが、どちらとも弁護士に依頼すれば分からないことや流れを説明してくれます。
本人が出席や出頭しなければならないものもありますが細かい手続きは弁護士などの専門家がしてくれますから何も心配はありません。
方法によっては手続き完了までの日数が違うところは注意してください。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産|法律素人のための【手続きの流れ】徹底ガイド関連ページ