自己破産~その後の生活について経験者に聞いてみました~

自己破産~その後の生活について経験者に聞いてみました~

MENU

自己破産~その後の生活について経験者に聞いてみました~

自己破産を望んでする人はほとんどいないと思います。借金の返済ができなくなり、やむを得ずにする人がほとんどでしょう。その場合に、自己破産にはデメリットがあるのでやめておきなさいというアドバイスをすることは無意味でしょう。それよりも、その後の生活がどうなるかをよく知っておいてもらうほうが大切だと思います。ここでは、破産をした人がその後の生活でどのようなデメリットがあるのかを解説し、どういった工夫をすればうまく乗り越えられるのかを考えてみたいと思います。
自己破産をすることのデメリットの1つは、官報に載ることです。しかし、官報は一般人がチェックしていることはほとんどないので、知人や職場の人に知られる心配は原則としてありません。金融機関や裁判所、弁護士も個人情報を話すようなことはしません。中には、自分が破産をしたということを周囲の人に正直に話してしまう人もいるでしょう。それに関しては、個人の判断なので、どちらが正しいかはわかりませんが、よく考えずに信用できない人にうっかり話してしまうようなことはやめておいたほうがよいでしょう。闇金のような違法業者は、ターゲットの個人情報を得るために官報をチェックしている場合があります。そのため、破産をした後しばらくは闇金からの勧誘の電話などが続くかもしれません。無視していれば数ヶ月で止む場合がほとんどなので、相手にしないようにしましょう。「押し貸し」詐欺のリスクもありますので、口座番号などの個人情報は絶対に教えてはいけません。
自己破産をすることの最も大きなデメリットといえるのが、個人信用情報に5年~10年間ブラック情報が載ることです。消費者金融や信販会社の審査には5年が経過すれば通るようになりますが、銀行の審査には10年間は影響してきます。20代の若い人などは、将来住宅ローンを組むことを考えていると思います。しかし、10年間は住宅ローンを組むことができないので、人生プランを考え直さなければいけないでしょう。地方に住んでいて車がないと生活できないような人も、自動車ローンが組めなくなることは生活に大きな支障が出る場合もあります。ローンは組めないので、なるべくお金を貯めて一括で購入するようにするとよいでしょう。頭金を多めに用意していれば、ブラックでもローンの審査に通ることはあるので、その意味でもお金を貯めておくことはお勧めです。賃貸契約での保証会社の審査にも影響することがあります。保証人を用意すれば保証会社は必要ない場合がほとんどなので、なるべく保証人を用意するようにしましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産~その後の生活について経験者に聞いてみました~関連ページ