自己破産を即日でしたい!-最短で自己破産するための方法

自己破産を即日でしたい!-最短で自己破産するための方法

MENU

自己破産を即日でしたい!-最短で自己破産するための方法

自己破産手続きは申し立てをしてから債務状況・経済状況を確認し、本当に返済不能であるかどうか、また返済不能であるとして免責を認めて差し支えないかどうかと言ったようなことをチェックしてようやく手続きが開始されて債務が免除されることになります。
その手続きには通常であれば半年程度かかることも珍しくありませんから、自己破産を行った人の多くは少なからず「本当に免責されるかどうか不安だった」という感想を抱くことがほとんどです。
もちろん免責不許可事由に該当しているなどのことが無い限りは免責を認めてもらえるケースの方が多いとはいえ、そうした不安を抱くのは当然のことでしょう。
その不安を払拭するにはやはり「手続きを早く完了させたい」と思うものですが、そこで役立ってくれる制度となるのが「即日面接制度」です。
ではそもそもこの即日面接制度とは何かというと、簡単に言ってしまえば自己破産申し立ての依頼を受けた弁護士が申し立ての書類を裁判所に提出した日、もしくはその日から起算して3日以内に裁判所と面談をするものです。
通常の破産手続きにおいては申し立てを行ってから破産審尋を経てから手続き開始決定が下るのですが、この即日面接制度を利用した場合には申し立てからすぐに弁護士が裁判所と面談をすることで手続き開始決定を得ることが出来るようになっています。
これは破産の件数が増大したことで裁判所・弁護士・債務者の負担が増大したことを受け、その手続きの手間を削減するために用意された制度です。
これを利用することさえできれば通常であれば受けなくてはならない破産審尋を免除してもらうことが出来るわけですから、手続きにかかる時間が一ヶ月以上短縮される可能性もあるのです。
そのため自己破産をより早く完了させたいというようであれば、積極的に利用をしたい制度となるでしょう。
ただこの方法を利用するのであれば弁護士に依頼をしなくてはならないことに加え、一部裁判所以外では制度利用自体が出来ないことに注意をしなくてはなりません。
特に東京地裁などであれば制度を利用できますが、他の地域の地方裁判所ではまだ対応していないところが多く見られます。
地域格差だと言われてしまえば確かにそうなのですが、実務上必要なことも少なくはないためこうした扱いの差が生じることは多少、仕方のない部分もあるのです。
そのため即日面接制度を活用した自己破産をしようと考えるのであれば、先に弁護士などに相談して即日面接制度を利用できるかどうかを確認してからにしてください。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産を即日でしたい!-最短で自己破産するための方法関連ページ