自己破産|その後の信用情報はどうなる?

自己破産|その後の信用情報はどうなる?

MENU

自己破産|その後の信用情報はどうなる?

借りていたお金を返済できなくなって、債務整理をすることにしました。自己破産を考えていますが、もし自己破産をした場合、信用情報にブラックが登録されるのでしょうか。もちろん、債務整理をした場合はすべてブラックが登録されます。ただし金融機関や、債務整理の方法によっていくらか違いがあります。
一般に任意整理や特定調停は5年間、自己破産は7年間とされています。しかしこれはクレジット系の会社の基準で、銀行の場合は、自己破産をすると10年間は借り入れやクレジットカードの審査に通るのが難しくなります。ですから、債務整理はよく考えてから行うことが大事です。もし返済できる場合は、頑張って返済した方が、信用情報にブラックもつかずにすみます。
もちろん、ブラックがあっても借入ができたり、クレジットカードを作れたりすることもあります。ただしこのような場合は、借り入れ可能な額や、カードで利用可能な額はかなり少なめになります。それでも何かの必要があって借り入れをする、あるいはカードを作る場合は、遅れずにきちんと返済するようにしてください。借り入れやクレジットカードの取り引き履歴のことをクレジットヒストリー、略してクレヒスとよくいいますが、良質なクレヒス作りをしておくと、ブラック登録期間が終わった時に、一段階上のカードを申し込むことも可能になります。
ただしブラックがある場合の融資は、闇金に気を付けるようにしましょう。闇金は非合法の業者ですので金利がかなり高く、返済できないと1日中督促の電話をかけたり、家や職場にまで来て返済を迫ったりと、かなり厳しい取り立てを平気で行います。ブラックで多額の融資ができますなどという謳い文句を掲げているのは大抵この闇金で、連絡先が携帯しかないとか、申し込みの時に、本人確認や収入証明以外の書類を持って来させるのも特徴です。特に自己破産の場合は、官報に名前が記載されます。通常は自分から言い出さない限り、気づく人はまずいませんが、闇金がそれを見て、融資案内のDMを送りつけてくることがよくあります。もちろんこの場合は、絶対に利用しないようにてください。
それから、自分の信用情報にブラックが登録されているかどうかを確かめたい時は、信用情報機関に問い合わせるようにしましょう。消費者金融系、クレジット系、そして銀行系の3つがありますので、自分が利用したい機関に問い合わせ、信用情報を郵送してもらうか、PCにダウンロードさせてもらうといいでしょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産|その後の信用情報はどうなる?関連ページ