自己破産を司法書士に任せたい!オススメの事務所情報

自己破産を司法書士に任せたい!オススメの事務所情報

MENU

自己破産を司法書士に任せたい!オススメの事務所情報

自己破産をはじめとする債務整理の手続きについては弁護士や司法書士などの専門家が代行をしてくれることが多くなりました。
各事務所はその対応を業務として請け負うようになっていますし、そこに任せれば自分だけで債務整理をするよりも確実に手続きを踏んで行けることになるでしょう。
こうした債務整理の手続きの多くは法律上のやり取りをしなくてはならないわけですから、法律の専門家が手助けをしてくれるのであればそれに越したことがありません。
ですがしかし、ここでチェックポイントとして考えたいのが「司法書士は登記手続きなど法律上の書類を作る専門家である」ということです。
これでどちらかの能力が低いなどのことにはなりませんが、しかし自己破産の手続きは本来、法律に基づく判断や交渉の専門家である弁護士が請け負う業務であると言えるでしょう。
しかしながらそれであっても司法書士事務所で自己破産の手続き代行を請け負っていることは少なくありません。
ではそうした事務所に対して依頼をしても良いのかというと、これは事務所によりけりな部分が非常に多くなります。
業務として請け負っている以上は何らかの形でサポートを拡充していることが多く、例えば弁護士事務所と連携して弁護士が行う業務はさらに委託するというような形でやっているところもありますし、また債務整理をする本人と打ち合わせをしつつ、あくまでもサポートに回るというようなところもあります。
ただ前者であればまだ良いのですが、後者になると結局自分で裁判所に出向いたり書類を作成したりと言った手間が出てくる事になりますので、本来期待しているような効果は出づらいということになってくるでしょう。
また問題になってくるのが債務が140万円を超える場合です。
こうなると法律上の制限によって司法書士だけでは対応が不可能になってきますので、殆どの業務を弁護士に任せるというような形になってきます。
それであれば最初から弁護士に任せてしまったほうが良いと判断するべきでしょう。
加えて弁護士でなくては利用できない即日面接制度などもあるわけですから、自己破産手続きにおいては弁護士に依頼した方がメリットが多いということが出来ます。
とはいえ依頼料などに関しては弁護士よりも司法書士に依頼した方が安いこともありますし、結局はそれぞれのニーズに応じた総合的な判断が必要になることもあります。
こうした違いがあることは踏まえた上で、どちらに依頼するべきかを判断するようにしてください。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産を司法書士に任せたい!オススメの事務所情報関連ページ