自己破産は生活保護を受けていてもできるのか?破産後は?

自己破産は生活保護を受けていてもできるのか?破産後は?

MENU

自己破産は生活保護を受けていてもできるのか?破産後は?

借金の返済がどうしても厳しいという場合は債務整理で解決していく方法もあります。
債務整理では、安定した収入がある場合であれば、任意整理もよく選ばれていますが、借金を減額してもらっただけではまだ厳しいという場合もあります。
どんな手段を考えてもまだ借金の返済が厳しいという場合は自己破産を選ぶことでその返済を免除してもらうこともできます。
自己破産の最大のメリットはなんといっても借金がすべてなくなることですが、この方法はメリットばかりではなく、デメリットもあることを理解しておきましょう。

 

まず、価値のある財産がある場合はそれを手放さなくてはいけません。生活に必要な最小限の家具などはそのまま残してもらうこともできますが、自動車やマイホームがある場合はそれを手放すこととなります。
そして、債務整理後はしばらくは新たに借り入れを行うことは難しくなりますので、これまで以上にお金の管理はきちんと行っていく必要があります。

 

そして職業の制限などもありますので、思うような収入が得られないという場合もあります。
生活が厳しいという場合は生活保護を受けることも検討されますが、自己破産後をするとこういった制度が活用できなくなるのではと心配している人もあるのではないでしょうか。

 

債務整理を行った場合も生活保護は受けることができますので、ますは自治体の福祉課などに相談してみましょう。
すでに借金の問題が解決している場合はあまり心配しなくても良いですが、一部の借金が免責となっていなかったり、何らかの形で債務が残っている場合は生活保護を受けられないこともあります。
こういった制度はやむを得ない事情で困窮している人に適応される制度となっていますので、ギャンブルや浪費などの場合は認めてもらうことは難しくなります。
そして生活保護で得たお金は借金の返済に使うことはできませんので、借金が残っている状態では制度を利用することはかなり難しいと言えます。

 

生活保護が無事に受けられた場合も、その後に借金を作ったり、受給したお金で返済を行うなどの行為があり、それが発覚した場合は受給も停止されてしまう場合もありますので、正しく制度を利用することも大切です。

 

制度の活用のことで悩んだ場合は、弁護士や司法書士などの専門家に相談することもおすすめです。
こうした専門家に依頼する費用が用意できない場合も法テラスを利用することもできますので、相談してみましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産は生活保護を受けていてもできるのか?破産後は?関連ページ