自己破産|浪費による借金だと本当に破産できないの?!

自己破産|浪費による借金だと本当に破産できないの?!

MENU

自己破産|浪費による借金だと本当に破産できないの?!

債務整理には裁判所を通じて手続きを行う自己破産、個人再生や特定調停と、裁判所を利用せずに手続きを進めて借金を整理する事が出来る任意整理などの方法が在ります。

自己破産と言う債務整理は全ての財産を失うと思っている人が多いのですが、財産の中でも破産財団に帰属しない財産となる自由財産などは手元に残すことが出来るので、全ての財産を手放さなければならないわけではありません。
但し、高額な商品やマイホームなどについては裁判所に差し押さえが行われて処分をしなければなりませんが、裁判所に対して破産の申し立てを行い、裁判所が許可を下すことで全ての借金がゼロになると言った特徴を持ちます。

因みに、破産の申し立てを行うと同時に破産の手続きを進められるケースが在ります。
これは同時廃止と呼ばれるもので、債務者に換価する財産が無い事が、最初から明らかになっている場合、破産手続きの開始決定後に破産手続きが終わることを意味しているものです。

尚、破産の申し立てを行うと、裁判所は破産管財人を選任して、債務者が持つ財産の調査や管理を行います。
同時廃止の場合は、この破産管財人の選任が行われる事無く手続きが進められていくので、短期間で破産手続きが完了すると言った特徴も在ります。

因みに、自己破産の申し立てはどのようなケースでも行えるものではなく、幾つかの条件を満たしている事で破産の手続きを進めて行くことが出来ると言った特徴が在ります。

条件の一つに借金をした理由が在ります。
お金を借りる時には必ず何らかの理由が在り借金をするわけですが、ギャンブルなどの浪費を目的で借金をし、返済を行うため他の金融業者からお金を借入れ、更に、浪費を目的で借金を繰り返した挙句、返済が出来なくなった場合などでは裁判所は破産の申し立てを却下します。

浪費が原因で借金をし、返済が出来なくなったので自己破産で手続きを進めると言う事は出来ません。
また、破産の手続きはあくまでも他の債務整理の方法では解決が出来ない場合に利用できる方法と言う事です。

任意整理の場合は、債権者との話し合いを行って借金を減額し、残った債務を返済していく必要があるので返済能力が必要になります。
また、裁判所を通じて手続きを進める個人再生についても、大幅な借金の減額は在るものの、残った債務の支払いが在りますので、返済能力が在る程度必要になります。

そのため、破産の手続きを進められる条件と言うのは収入がゼロなど、返済能力が無いと判断された場合に手続きを進めて行くことが出来ます。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産|浪費による借金だと本当に破産できないの?!関連ページ