自己破産におけるリスク※検討する際に知っておきましょう

自己破産におけるリスク※検討する際に知っておきましょう

MENU

自己破産におけるリスク※検討する際に知っておきましょう

自己破産とは、借金の支払い義務を逃れ高価な財産を処分する手続きです。マイナスなイメージが大きいようで、根拠のないデメリットが広まり必要以上に悪いイメージが付きまとっているのが現状です。
ここでは自己破産した場合に考えられるリスクについて書きたいと思います。
まず一つは官報に載ることです。一般の人が見るものではないので、あまり気にする必要はないと思われますが、ヤミ金業者が官報をチェックしてDMを送りつけてくる事があるようです。
そして破産者名簿への記載です。本籍地の市区町村が管理しますが、免責決定後には削除される事になっています。破産管財人によって破産者当ての郵便物は開封されます。1度免責を受けたら7年間は自己破産できません。ブラックリストには載るため、クレジットカードを作って使用する事は出来なくなります。一定の仕事(警備員や保険の外交)には破産終了まで着くことができません。(約1年以内)トータルで99万円以下の財産は処分の対象外となっていますが、住宅や車は所有者が申請者の場合は全て処分されてしまいます。これとは反対に家族が所有者の場合は処分される事はありません。家族の物もみんな処分されると思われている方が多いですが、それはありません。原則申請した本人のみが適用となり、一緒に生活している家族に影響が及ぶ事はないとされています。上記のような事が挙げられますが、自己破産の最大のリスクは免責が受けられない事だと思います。免責不許可事由によって免責が受けられない場合です。浪費やギャンブルにお金を使った場合、破産手続き開始決定時に持っていた財産を隠したり、債権者に不利益になるよう処分した場合が挙げられます。借金は破産申し立てをし、破産手続き開始決定を受け、免責の決定を受けて初めて支払い義務がなくなります。そのためこの場合、借金は返済しなければならなくなります。しかし実際の事例では、裁判所の裁量で免責されるケースが多いようです。
リスクばかり書きましたが、やはり免責を受ければ普通の借金も保証人としての義務、滞納していた家賃等全ての支払いを逃れる事ができます。(税金や国民健康保険料は別)高価な財産と言っても普通の家具家電、年数の経っている車等は破産後も保有する事ができます。考えられるリスクよりも得られるメリットの方が高い場合は専門家とよく相談をして、自己破産の手続きを進めていかれる事をおすすめします。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産におけるリスク※検討する際に知っておきましょう関連ページ