【自己破産】人気のおすすめ事務所ランキング

【自己破産】人気のおすすめ事務所ランキング

MENU

【自己破産】人気のおすすめ事務所ランキング

昔は債務整理といえば自己破産と言われていたほどですが、現在は人気が低下してきています。
任意整理や個人再生といった方法がポピュラーになったこと、グレーゾーン金利が廃止されて借金の総支払い額が減ったこと、などが主な理由でしょう。
ブラックリストに登録されるのは、どの債務整理にも共通することです。
それならば、家を失わなくてよい任意整理や個人再生に人気が流れるのもわかります。
自己破産をすると破産者名簿に載るのもデメリットの一つでしょう。

任意整理は借金の利息をなしにできる方法です。
整理後は無金利、無利息のローンを返済していくイメージです。
高金利のローンに悩んでいる方は、毎月かなりの金額の利息を支払っています。
利息をなしにできれば、無理なく返済していける方も多いでしょう。
そうした方は任意整理を選ばれることが多いです。
ブラックリストには登録されますが、家を手放す必要はありません。
裁判所への申し立てをせずに債権者と交渉して同意を得る方法なので、他の方法よりも速やかに整理できます。
また、どの業者を整理するのか自由に選択できるのも魅力です。

個人再生は任意整理で処理することが難しい場合に使われます。
借金総額は整理前の5分の1程度まで減るので、500万円の借金なら100万円まで減額されます。
その後は100万円を3年間かけて返済していきます。
近年は個人再生を選ぶ方が増えていますが、費用が自己破産と同程度かそれ以上かかるので、借金をすべてゼロにできる自己破産を選ばれる方もいます。

最近は人気が低下しつつある自己破産ですが、借金をすべて相殺できるメリットは依然として絶大です。
億単位の借金があっても、すべて返済義務がなくなるのです。
デメリットは他の方法よりも多いですが、借金がゼロになるメリットと天秤にかけると大したことはありません。
ご近所や友人、勤務先などに整理したことを知られることは通常ありませんし、整理後は借金から完全に解放された生活が待っています。
収入がゼロでも行える唯一の方法なので、リストラや病気などにより失職した方も選ばれます。
ブラックリストには5年間登録され、その期間中は金融機関からお金を借りることはできませんが、親族や友人などの個人間の貸し借りは問題ありません。
消費者金融や銀行ローンを利用できなくなることは、消費グセを見直すためのいい機会になるはずです。
5年間でムダ使いを直し、家計の健全化を図りましょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

【自己破産】人気のおすすめ事務所ランキング関連ページ