【自己破産】と【任意整理】どっちがいいのか教えます!

【自己破産】と【任意整理】どっちがいいのか教えます!

MENU

【自己破産】と【任意整理】どっちがいいのか教えます!

任意整理とは、裁判所を介さないで、債権者との交渉により借金を減額する債務整理手続きのことです。減額できる額は、利息制限法の上限利息を超える部分です(グレーゾーン金利とよばれています)。利息制限法の上限を超える部分は、民事上無効なので、当該部分の減額が可能なわけです。
任意整理の交渉は、自分ですることもできますが、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。弁護士や司法書士は、交渉の前提として、債権者に取引履歴の開示請求をして、いくら借金があるかを把握します。この借金はグレーゾーン金利で算定された額なので、正しい利息で引き直す必要があります。債務者は、この引き直し計算により減額された額を、将来に渡って弁済していきます。返済方法や返済額は交渉次第ですが、将来利息はカットしたうえで、3年から5年で分割弁済していくのが通常です。
任意整理は、裁判所を介さないので、他の債務整理に比べて手続きが簡便です。全債権者を相手取る必要もないので、任意の債権者との交渉も可能です。ただし、私的な債務整理なので、債権者は交渉に応じる義務はありません。したがって、交渉がこじれた場合は、そこで手続きは終了となるのが難点です。

自己破産も、任意整理同様、債務整理の1つです。しかし、自己破産は借金を帳消しにできる点、裁判所の関与が必要な点で、任意整理と異なります。
自己破産の手続きは、地方裁判所に破産の申し立てをすると、破産手続き開始決定が出されます。資産を持たない申立人の場合、破産手続きはこの時点で終了し、免責許可についての審査に入ります(同時廃止といいます)。
他方、20万円を超える資産がある場合や免責不許可事由がある場合には、管財人が選任されて、管財人主導のもと債務者の財産が処分され、債権者に配分されます。その後、免責審尋へと進みます(少額管財といいます)。
借金を帳消しにするには、破産手続だけでなく、裁判所による免責許可が必要です。免責許可は誰でも下りるわけではありません。浪費行為や不誠実な態度がみられる場合など、法が定める一定の不許可事由に該当する場合には、許可は下りません。
自己破産のメリットは、これまで説明してきた通り、借金がなくなる点です。他方で、デメリットは、家や車といった高価な財産を失う、一定の職業(警備員や弁護士など)に就けなくなる、一定期間お金が借りられなくなる、官報に名前が載る、という点です。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

【自己破産】と【任意整理】どっちがいいのか教えます!関連ページ