自己破産【2回目】の人が注意しなければならないこと

自己破産【2回目】の人が注意しなければならないこと

MENU

自己破産【2回目】の人が注意しなければならないこと

自己破産は債務問題を抱えてしまった人の救済策として用意されている制度であり、個の使用回数に関しては法律による制限をされていません。
では二回目の自己破産をする時の注意点としてはどういったものがあるのかと言うと、まず最初の注意点として覚えておきたいのが「初回から二回目まで七年の期間が設けられていること」です。
自己破産の手続きは原則として、一度行った後は七年間が経過しなくては再度の制度利用が出来ないということになっています。
申し立て自体を行うことは可能ですが、一般的な人であれば制度の初回利用から二回目の利用まで七年経過していないということはありません。
それであるにも関わらずに再度の申し立てをするということになってしまうと「反省を生かしていない」というような判断を受けることとなってしまい、免責を受けられないこととなってしまうのです。
またこれと同様に注意をしなくてはならないのが「免責許可の判断が厳しくなる」ということです。
「免責」という言葉は先にも使いましたが、これは「債務を免除しても良い」という判断を裁判所が下すかどうかということになります。
自己破産の申し立てをしたのちに免責が認められたのであればその人の債務は帳消しとなるのですが、免責が認められなかった場合には債務が無くなることはありません。
そしてやはり「二回目の自己破産」というようになってしまうと、免責の判断の際にも「自己責任の部分が否定できない」というような判断が下されやすくなってしまうのです。
自己破産は制度上は何回でも利用できると言っても、二回目以降の自己破産の難易度が上がるのは間違いないと言って良いでしょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産【2回目】の人が注意しなければならないこと関連ページ