自己破産できる【年齢】に制限は?-破産するための条件

自己破産できる【年齢】に制限は?-破産するための条件

MENU

自己破産できる【年齢】に制限は?-破産するための条件

返しきれないほどの借金を抱えてしまった場合、債務整理を考える必要があります。整理の方法には、個人再生や任意整理、自己破産などがあり、それぞれのメリットとデメリットを把握しておきましょう。
自己破産手続きを年齢層別に見ると、20代から70代までと幅広く手続きしており、最も多い年代は40代で、次に20代、30代、50代、60代、70代と続いています。借金に悩んでいる人は、年齢に関係なく大勢存在していることが分かります。
自己破産を申請する人には低所得層と中所得層が多く、申し立て件数もあまり減少しません。消費者金融が普及したことと、誰でも気軽に借りられるようになってしまったことに原因があると言われています。返済をするために他社から借り入れ、返済を続ける自転車操業をする人も多くいます。
事業に失敗した、色々なところでキャッシングを重ねているうちに返せなくなってしまったなど、生活に困ったうえで借金をするケースが増えています。中には、パチンコ・スロット・競馬などのギャンブル、生活に不必要な高級品の買いすぎ、風俗やキャバクラでの遊興費などの理由もあります。自己破産手続きは、ギャンブルや遊興費、浪費が原因の場合は免責許可が下りない可能性が高くなります。
まずは弁護士や司法書士に相談し、自分の状況を話すことから始めてください。まだ若年層である場合は、将来のことも考えて、破産宣告以外の債務整理を勧められるケースがあります。破産すると、長い期間住宅ローンなどが組めなくなります。20代であれば、マイホームを持つことが難しくなりますし、結婚の際にも支障が出ます。なので、可能であれば破産手続き以外の債務整理方法を検討した方がいいでしょう。破産宣告をした後、破産情報は長くて10年近く残ります。
どの年齢層にも言えることですが、破産手続きは最後の手段として考えてください。まずは、個人再生や任意整理ができないかを調べてみましょう。人それぞれ事情が違いますので、自分に合った債務整理を選ぶことが大切です。自己破産は恥ずかしいことではありませんし、人生のやり直しをするチャンスでもあります。
デメリットをよく把握し、それでも破産宣告手続きをした方がいいと判断した場合のみ行うようにしてください。資格制限やローンや新規借り入れができないデメリットもあります。資格制限は破産手続き中だけですが、借り入れやローンは長期間影響します。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産できる【年齢】に制限は?-破産するための条件関連ページ