自己破産|マイホームを手放さずに済む方法はある?

自己破産|マイホームを手放さずに済む方法はある?

MENU

自己破産|マイホームを手放さずに済む方法はある?

マイホームは人生で最も大きな買い物と言われることも多く、一度持ったのであればその後長く持ち続けることが前提になる財産です。
しかしだからと言って全ての人の人生が順風満帆に進むわけではなく、中には自己破産によって財産が没収されてしまう人もいます。
人生最大の買い物であるマイホームも当然財産であるわけですから、自己破産の際にどうなるのかということはだれしも気になるところになります。
では自己破産をするとマイホームはどうなるのか、結論から言ってしまえば「高確率で失う」となるでしょう。
パターンとしては二つあり、まず一つ目は「財産価値があるとみなされて売却される」ケースです。
自己破産を申し立てた中で財産があると判断された場合には管財事件に分類されるのですが、ここで住宅は管理対象の財産として扱われることになります。
そうなると破産手続きの中で債権者に対して可能な限りの弁済をするため、住宅は売却処分されると見て間違いありません。
売却処分されると言ってもそのお金が債務者の手元に来ることは無く、売却によって生じた利益は全額が債権者での分配という形になるでしょう。
これは破産という手段を選んだ後に発生しうる最悪のケースの一つであると言えます。
ではもう一つのパターンは何かというと、「財産としての価値が無いとして判断されて同時廃止になる」ケースです。
オーバーローン、つまりローンの残債と現状の住宅の資産価値を比べて住宅の資産価値の方が低いと判断された場合には、売却しても債権者への配当が出来ないとして判断されます。
配当が出来ないものをわざわざ売っても無意味なわけですから、この場合は財産としてひとまず住宅が残ることになるのです。
ただその時点で残ったとしても、その後継続して持っていられるのかというと、まずほとんど無理です。
というのも管財事件にならなかったとしても、その住宅ローンを融資している銀行などがその抵当権を行使して売却するケースが非常に多いのです。
銀行などからすれば「自己破産された以上は損失を少しでも回復させなくては」と判断するわけですから、回収できる財産が目の前にあるのに放置しているという選択肢はありません。
したがって管財事件にならず同時廃止になったとしても、住宅ローンを融資している会社などがそれを回収して競売にかけるということになってしまうわけです。
結論から言えば破産をするのであればマイホームは十中八九諦めなくてはならないということになります。
そのためもし住宅を守りたい、失いたくないというのであれば別の方法を検討した方が良いでしょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産|マイホームを手放さずに済む方法はある?関連ページ