自己破産者との結婚~相手にも影響ってあるの?~

自己破産者との結婚~相手にも影響ってあるの?~

MENU

自己破産者との結婚~相手にも影響ってあるの?~

自己破産とは、消費者金融各社やクレジットカードからの借金がかさんで返済が出来ない状態となってしまった利用者を救う為に認められている、債務整理方法の1つです。特徴としては、破産申請を行うことでこれまでの債務を一切リセットすることができ、消費者金融各社、クレジットカード会社への返済義務がなくなります。同時に電話や訪問など過度な督促も退けることができるため、借金によって家族や近隣に迷惑がかかるようになった利用者が、多く選択する方法でもあります。破産手続き後に、あらたに築き上げた資産についてはそれを差し出す義務も追わないので、一から人生をやり直したいと考えてこの方法に踏み切る方がほとんどです。

ただし、この自己破産には大きなデメリットもあることを忘れてはなりません。手続き後は破産者として認定されてしまい、官報に記載される立場となります。それとともに、信用情報機関にも名前や住所が記載されるので、クレジットカードが作れない、一定期間あらゆるローンが組めないなどのデメリットがあります。その他にも、弁護士や司法書士、税理士、会計士などの法律に携わる職業への就職ができなくなることも、覚えておきましょう。この制限がある期間は概ね5年間から7年間とされていますが、その期間が満了したことを通達する方法などは特に設けられているわけではありません。

そのため自己破産をしたことのある人が、結婚など人生の大きな転機を迎えた場合、いくつか注意しておきたいポイントが発生します。自己破産者の結婚そのものには全く制限はありませんが、例えば結婚後新居を構えたいと希望した場合に住宅ローンが組めない、あるいは結婚式や披露宴のためのウェディングローンが組めない、などの制限があります。ただし、自己破産の手続き完了後一定期間がたてば再び通常と同じようにローンも組めるようになるので、気をつけたいのは手続き完了からの期間です。

この他にも、破産後には国内・海外への旅行が制限される場合もあります。破産者の全てが一切の旅行を制限されるわけではありませんが、破産手続きの中で、処分するべき財産がある場合などは、一時的に海外を含む旅行の規制を余儀なくされます。この、財産の処分を含む破産手続きを管財事件と呼びますが、手続きが完了すれば旅行制限もなくなります。結婚後に新婚旅行を計画する場合にも、自分の破産手続きが管財事件に関与しないかどうかをあらかじめ確認しておくことが大切です。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産者との結婚~相手にも影響ってあるの?~関連ページ