自己破産すると口座凍結されるの?!※自己破産の注意点

自己破産すると口座凍結されるの?!※自己破産の注意点

MENU

自己破産すると口座凍結されるの?!※自己破産の注意点

自己破産をしたら銀行の口座が凍結される場合とされない場合があります。
何故、口座凍結される場合とされない場合があるかと言いますと、借り入れをしていて返せなくなって自己破産する訳ですから借り入れをしていた銀行口座は当然使えなくなってしまうのです。
ですが、借り入れをしていない銀行口座の場合は元々借金が存在しませんので今まで通りに利用できる訳です。

口座凍結されるという事は、預けていたお金を払い戻したり、支払いの引き落しをしたりすることも一切できなくなります。
光熱費の引き落しや生活費の工面もその中に入っており、給料が口座凍結された銀行に振り込まれた場合も当然ですが下ろす事はできません。
利用者側から見れば生活費も使えないなんてひどいと感じるかもしれませんが、銀行側から見れば貸したお金がもう戻ってこない状態となり、それなら既に預かっているお金やこれから振り込まれるお金を代わりにするという言い分になり、少しでも回収しようとする流れになります。
要するに返済金額に充当・相殺しており、自己破産したと言っても銀行側は面白くない訳で当然と言えば当然の行動と言えます。

銀行は裁判所からの通知や受任通知が届き次第、口座を凍結します。
口座凍結を回避したいと思いましても難しい問題になりますので凍結される前に預金を下ろしたり、給料の振込先を変更したりすれば良いでしょう。
法律上では凍結されてから振り込まれた給料や売掛金は相殺禁止となっていますので銀行が債権と相殺することはできませんが、引き出しに制限が掛かっている状態が長く続きますので変更を先にしておくのが一番です。

この凍結が解除されるまでですが、銀行は返済を代わりに保証会社にしてもらうことになり、その手続きが完了次第元に戻りますが、契約や取り決めなどにより時間が掛かる場合があるでしょう。

このように口座凍結されれば、その銀行は事実上使えなくなる訳ですが、他の銀行はどうでしょうか。
自己破産していてもお金を借りていなければ関係がなく、今まで通り利用ができ、口座を凍結する理由がないのです。
また銀行口座を新しく開設することも可能であり、借り入れをした銀行でなければ大丈夫です。
一部の方は自己破産したらブラックリストに載るから銀行が使えないと思うかもしれませんが、借り入れが難しくなるだけで銀行口座開設に関してはお金の借り入れではなく、お金を預けることなので関係がないのです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産すると口座凍結されるの?!※自己破産の注意点関連ページ