自己破産者の機種変更はローン利用できる?

自己破産者の機種変更はローン利用できる?

MENU

自己破産者の機種変更はローン利用できる?

自己破産をすると携帯の機種変更ができなくなるという噂がありますが、これは半分本当で、半分は嘘です。
破産宣告をする時点で、携帯本体の料金を払い終わっていない場合には、これも整理の対象になります。携帯本体を購入するとき、2年の分割払いで購入する人が多いと思いますが、この分割払いはローンなので、破産宣告の時点で払い終わっていない場合には、必ず整理の対象になってしまうのです。これは、「債権者平等」の原則によるものです。すなわち、とある債権者には支払いをして、とある債権者には支払いをせずに借金を免除してもらうということはできないのです。免責が下りると分割払いの残高や携帯料金は支払う必要がなくなりますが、当然携帯は利用停止になって契約解除されます。ただし、キャリアによっては本体の分割払い料金と通話料金などを切り離してもらえて、引き続き携帯が使用できる場合もあるようです。
破産宣告をする時点で、携帯本体の分割払いローンが残っていない場合には、この問題は生じず、引き続き携帯を使用し続けることができます。
さて、それでは自己破産をした後に、携帯の機種変更ができるかどうかについて考えてみます。自己破産をすると、個人信用情報にブラック情報が記録されてしまいます。ブラック情報があると、金融機関でのクレジットカードやローンの審査に通らなくなります。前述したように、携帯本体の分割払いもローンの一種なので、この審査にも通らなくなります。ただし、ブラック情報がある人にお金を貸してはいけないという法律があるわけではないので、絶対に審査に通らないというわけでもありません。近年では携帯会社の顧客獲得競争は激しく、ブラック情報があっても審査に通ることもあるようです。特にスマートフォンの契約の場合には、審査に通りやすいようです。審査の難易度はキャリアによっても異なってきます。
また、携帯契約の時には個人信用情報は見られないので、契約をすること自体には影響はしません。つまりは、ローンを組まずに携帯を一括で購入するのであれば、自己破産をした後でも問題なく機種変更ができるというわけです。インターネット通販などで古い携帯が1万円以内で買えたりもするので、機種にこだわらないのであればいくらでも安く機種変更ができます。
以上の内容を簡単にまとめると、「自己破産をしても機種変更は問題なく行うことができますが、携帯本体をローンで購入することは難しくなる」ということです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産者の機種変更はローン利用できる?関連ページ