自己破産をすると携帯電話を持てないのか?

自己破産をすると携帯電話を持てないのか?

MENU

自己破産をすると携帯電話を持てないのか?

 

自己破産をしたら携帯電話が持てなくなるのでは?
そう勘違いをしている人がいるようですが、それは誤りです。
自己破産後の携帯電話の使用についてまとめました。

 

その自己破産ちょっと待って!

自己破産は、借金解決の手段としては「最終手段」です。

 

あなたの借金に過払い金はありませんか?
借金の減額だけでは解決できませんか?

 

自己破産以外にも借金の解決方法は様々あります。
他の方法も検討したい!という方は、借金解決診断シミュレーターをおすすめします。
無料・匿名・簡単な質問に答えるだけ!
借金整理の目安にもなるかと思いますのでぜひ一度診断してみてください!

 

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

自己破産をすると携帯電話が持てないはウソ!

 

自己破産手続きの後に携帯電話の所持や使用自体はもちろん可能です。
しかし、全く問題がないわけではありません。

 

自己破産のデメリットの一つ:ブラックリストへの情報登録

まず自己破産のデメリットの一つとして、自己破産をするとブラックリストに情報が登録されることが挙げられます。ブラックリストに登録されている間は(約7年間)、ローンを組むことが困難となるため、クレジットカードの使用もできなくなってしまう場合が多いのです。

 

ブラックリストと携帯の使用にはどんな影響があるの?

例えば、以下の様な状況が考えられます。

  • 携帯電話の機種代金を分割払いにしていて、その支払いが残っている場合

この場合、そのキャリアが利用を止めてしまう可能性が高くなります。そうすると、その電話機は使用できません。他のキャリアの携帯電話を購入すればよいかというと、そうではありません。というのも、分割払いも一種の借金・携帯のローンということになるため契約に関しては信用情報機関(ブラックリスト)がかかわっています。そのため、他のキャリアも事故情報を参照し購入を断られてします可能性があるのです。

  • 通話料を滞納している場合

携帯料金に滞納があった場合、その滞納分について債権届の催告をすることになってしまうので、やはりそのキャリアが利用を止めてしまう可能性が高いといえるでしょう。もっとも、滞納していた通話料を支払えば再び利用できるような運用となっている場合が多いようです。

携帯電話を何台も持っているような場合には、さすがに弁護士に相談した際に注意を受けるでしょう。
仕事などで本当に必要な場合を除いて、不要な電話機については解約してしまう方が得策でしょう。

自己破産をしていても携帯のローンを組めるようにする方法は?

自己破産を行って、ブラックリストに登録されている期間中は携帯のローンも組むことができないと考えたほうがいいでしょう。
そのため、携帯電話を購入する際には、現金一括で携帯電話の機種代金を支払う必要があります。
クレジットカードも使用できないので、大きな買い物のほぼ現金払いと考えておいたほうがいいでしょう。

 

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産をすると携帯電話を持てないのか?関連ページ