自己破産|計算方法がわからない!-正しい知識ガイド

自己破産|計算方法がわからない!-正しい知識ガイド

MENU

自己破産|計算方法がわからない!-正しい知識ガイド

借金の返済が困難な状況になった場合には、債務整理を検討することが必要となって来ます。債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の三通りの手続き方法があり、それぞれメリットやデメリットが異なりますので、債務の状況を考慮して手続き方法を選択することが重要です。
債務整理の手続き方法を検討する上では、事前に債務の削減効果のシミュレーションを行うことが必要です。どれだけの借金を減らすことが出来るかによって、受け入れられるデメリットも異なってきます。
まず自己破産の場合ですが、減額出来る金額の計算方法はとても簡単です。なぜなら裁判所と破産管財人に認めてもらえれば、全ての債務が免除されるためです。弁護士や司法書士と契約を結べば受任通知を送付してもらって返済をストップ出来ますので、その時点で破産手続きの対象となる債務の金額を認識することが出来ます。ただし過払い金が有れば返還請求をすることになりますので、債務を減額することが出来ます。いずれにせよ、借金をゼロにすることが出来ますので、削減出来る金額イコール借金の全額となりますので、計算方法は非常に簡単です。
個人再生や任意整理の場合の、削減できる金額の計算方法は多少複雑です。個人再生の場合は、借金の残高によって削減出来る金額が異なります。個人再生で最低限弁済しなければいけない金額が100万円と決められておりますので、住宅ローンを除いた債務が100万円以下の場合は、手続きを実行するメリットがありません。債務が100万円を超えると債務を削減出来ることが可能で、金額が増えるにつれて減額効果は高くなります。債務が1,500万円までの場合は5分の1に減額することが可能で、債務が3,000万円を超えた場合は10分の1に減額することが出来ます。このように個人再生は借入残高を基に減額出来る金額を算出することが出来ますが、もし手元に弁済額以上の価値のある財産を置いておきたい場合は、手元に置いておく財産以上の金額を弁済しなければいけません。
任意整理で削減出来る金額は、ケースバイケースとなります。もし交渉によって将来利息のカットが出来れば、交渉成立後からの利息相当額が削減出来る金額となります。金利の引き直しを行った場合は、これまで採用されていた金利を本来課せられるべき金利に直して利息額を算出し、これまで支払ってきた利息額から差し引くことによって、減額出来る金額を導き出すことが出来ます。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産|計算方法がわからない!-正しい知識ガイド関連ページ