自己破産経験者が語る|参考にしてほしいアドバイス3つ

自己破産経験者が語る|参考にしてほしいアドバイス3つ

MENU

自己破産経験者が語る|参考にしてほしいアドバイス3つ

自己破産の経験者と聞くと、かなりマイナスのイメージを持たれている方が多いです。確かに借金を自力で返済出来なくなり、法的な手続きによって全ての債務を免除してもらっていますので、お金の管理がきちんと出来ない人と言うイメージを持ってしまいます。しかし借金を返済出来なくなる理由は様々ありますので、必ずしも無計画にお金を使ってしまって、破産している訳ではありません。そもそも、ギャンブルや浪費によって借金が返済出来なくなった場合は免責不許可事項として自己破産が出来ませんので、破産が認められたと言うことは一定の理解を得られる理由があったということになります。
自己破産の経験者が手続き後にどんな生活を送っているかと言うことが気になりますが、基本的には普通に生活することが可能です。自己破産は裁判官や破産管財人に認められると、全ての債務を免除することが出来ます。借金の返済に苦しんでる方にとっては、借金がゼロになることは非常に大きなメリットです。しかし大きなメリットを享受出来る代わりに、様々なデメリットも存在します。一つ目のデメリットは、新規の融資を受けられなくなることです。個人再生や任意整理などの手続きも同様ですが、手続きを実行すれば信用情報にキズが付いてしまい、様々な審査に通らなくなってしまいます。ですので、当然融資を受けることも出来なくなってしまうのですが、借金の返済が出来なくなって破産手続きを行っていますので、本来は融資を必要としない生活を送ることが大切です。ですので、新規の融資を受けられないことはデメリットではありますが、それが大きなデメリットとなってはいけません。
もう一つのデメリットは、財産を取り上げられてしまうことです。破産管財人によって財産が調査され、一定額以上の価値のある財産は換価されてしまい、債権者への配当に回されます。一定額以上とは20万円を超える価値のある財産で、現金の場合は99万円を超えることが換価される条件となります。ただし生活必需品の場合はたとえ20万円を超える価値があった場合でも、手元に残しておくことが可能ですし、給与などを差し押さえられることもありません。ですので、生活に必要な物は全て揃っており、収入も受け取ることが可能ですので、基本的な生活を送るには不自由がありません。ただし自宅や自動車は手放すことが必要となりますので、生活環境に変化が生じることは否めません。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産経験者が語る|参考にしてほしいアドバイス3つ関連ページ