自己破産|完済しても影響は続く?-影響とその期間を解説

自己破産|完済しても影響は続く?-影響とその期間を解説

MENU

自己破産|完済しても影響は続く?-影響とその期間を解説

自己破産とは、簡単に言えば、債務を完済できない状態を公にし、財産と債務を整理する手続きです。債務整理の方法にはいくつかありますが、自己破産は最終手段と言えます。どうやっても債務を完済できる見込みがない時に申し立て、債権者に返済不能を認めてもらうことになります。
但し、財産を持ったままでできる手続きではありません。財産と債務を整理すると述べたのは、処分できる財産は処分して債権者に渡さなければならないからです。例えばまだ新しい高級車や、ローンのない住宅などを持っている場合、それらの財産を持ったまま債務をなくしてもらうことはできません。換金し、債権者に均等に分配した上で、残った債務を免責にしてもらいます。
つまり、財産をすべて換金してもなお債務が残る人が行う手続きであり、手元に残せるのは必要最低限の生活必需品と、生活を立て直すのに必要とされる現金のみです。
自己破産は裁判所を通す手続きですので、債権者には平等に財産を分けることになります。例えばAに1000万円、Bに500万円借りていたとします。財産を処分すると300万円だったとします。するとAに200万円、Bには100万円が分配されます。逆にすることはありません。債務の額に応じた分配がなされます。その点が任意整理とは大きく違う点です。任意整理は、その名の通り任意の手続きですので、どの債権者にどれだけ返済するかは債務者の自由です。
申し立てをすると、誰でも自己破産が認められるわけではありません。財産がなくても、時間をかければ完済できそうなくらい充分な収入があれば、認められないこともあります。また債務のほとんどがギャンブルでつくったものであったり、悪意で与えた不法行為による慰謝料であったりすると、免責されません。
自己破産が認められると、いわゆるブラックリストに情報が載ります。しばらくはクレジットカードをつくれませんし、ローンを組むこともできません。仮につくれたとしても、計画的に返済ができなかった過去があるわけですから、つくるべきではありません。
膨れ上がる借金に頭を抱えるくらいであれば、いっそのこと手続きすることをお勧めしますが、二度目はないと思っておいたほうが良いでしょう。一応7年経つと再度申し立ては可能ですが、二度目はなかなか認められるものではありません。分割払いで何かを購入するのはやめて、欲しいものは貯金してから買う、という習慣をつけるべきでしょう。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産|完済しても影響は続く?-影響とその期間を解説関連ページ