自己破産すると官報に載る?!官報ってなに?影響は…?

自己破産すると官報に載る?!官報ってなに?影響は…?

MENU

自己破産すると官報に載る?!官報ってなに?影響は…?

キャッシングは保証人なしでお金を借りる事が出来るのですが、お金を借りる時には保証会社の審査を受ける必要が有ります。
返済が困難になって延滞を続けると金融機関は保証会社から債務を回収する事が出来ますが、債務は保証会社からの回収を余儀なくされます。

しかし、滞納してしまうと言う事は返済が困難になってしまうためであり、借金返済が困難になってしまった時は、債務整理を行うことで借金問題を解決する事が出来ますが、債務整理の中には裁判所を通じて手続きを行う方法として自己破産が有ります。
裁判所に対して破産の申し立てを行って裁判所が許可を下した場合に限り手続きを進めることが出来ます。

また、自己破産は返済能力が限りなくゼロに近いなど、返済をしたくても仕事も無く返済が出来ない人や多重債務で借金問題を抱えている人々を救済する目的で行われる債務整理と言う事になります。
そのため、返済能力が在る人と言うのは、裁判所に破産の申し立てを行ったとしても裁判所は許可を下さないため、別の方法で債務整理を行う必要が有ります。

所で、自己破産をするとブラックリストに掲載されると言われていますが、ブラックリストに掲載されることで、7年から10年と言った期間の中で当らたなキャッシングを利用したり、クレジットカードを作ることが出来なくなります。
ブラックリストと言うのは個人信用情報機関が共有化している情報であり、ブラックリストと呼ばれるものは存在していません。

個人信用情報が共有している情報は、官報に掲載されている情報になります。
裁判所で決定した事項と言うのは、国の情報誌でもある官報に掲載されるようになっているのが特徴で、裁判所の中に在る閲覧室などで情報を閲覧する以外は一般の人が目にすることは在りません。

しかし、お金を貸す側は申し込み者の信頼性を確認してからでなければ融資をしてくれませんが、この信頼性をチェックするのが、個人信用情報機関が管理を行っている個人信用情報で、審査を行う時には必ず照会されることになります。

併せてチェックするのが官報に掲載されている情報で有り、国内には3つの個人信用情報機関が有りますが、3社で情報を共有化しており、銀行や消費者金融、信販会社などはそれぞれ個別の個人信用情報機関に登録をしていて、異なる個人信用情報を照会していても、自己破産などの官報に掲載されている情報は、どの分野でも情報を入手する事が出来るようになっています。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産すると官報に載る?!官報ってなに?影響は…?関連ページ