自己破産後に過払い金が返ってくる?!※損しないために!!

自己破産後に過払い金が返ってくる?!※損しないために!!

MENU

自己破産後に過払い金が返ってくる?!※損しないために!!

借金の返済負担が大きくなり過ぎてしまい、返済が困難になった場合には、債務整理を検討することも必要となります。債務整理を行えば、債務を減額出来たり免除出来たりしますので、返済負担に苦しんでいる債務者にとっては大きな手助けとなります。
債務整理には幾つかの方法があります。債務がそれほど大きく無い場合は、裁判所を通さずに手続きが出来る任意整理が便利ですし、債務の金額が大きいけれど自宅を手放したくない場合は、個人再生が最適です。ただし個人再生を行うには収入が必要となりますので、残債を返済出来るだけの収入が無ければ、最終手段として自己破産を選択することになります。
自己破産は家庭裁判所を通じて手続きを行い、認可されれば全ての債務が免除されます。数百万円あるいは数千万円などの高額な借金があったとしてもゼロに出来ますので、債務者にとって非常に大きなメリットとなります。しかしメリットの反面としてデメリットもあります。他の手続き方法と同様に信用情報に事故情報が一定期間記録されてしまいますし、自己破産独自のデメリットとして一定額以上の価値のある財産を手放さなければいけません。一定額以上とは20万円以上のことですが、生活に必要不可欠と判断されれば処分する必要がありませんし、家財道具なども手元において置けます。また現金に関しては99万円までは持っておくことが可能です。
もし破産後に過払い金が見つかった場合はどうなるのでしょうか。全ての借金がゼロになった後で、過払い金を手にする事が出来れば、かなり得するように感じます。もし破産手続き開始前に、過払い金の存在を知っていれば、返還請求を行っても取り戻せない場合があります。なぜなら本来は破産前に返還請求をして、取り戻したお金を債権者の配当に回すことが必要で、決して破産申立人の手元に残るお金では無いからです。その為、債権者への配当に回させない為に意図的に返還請求をせず、破産後に返還請求を行って返還金を手にする思惑があったと考えられるからです。しかし過払い金と言う存在が、社会的に知られる前に破産手続きを行っていた場合は、返還請求が認められる可能性が高いです。
ただし破産手続きの対象にクレジットカードのショッピング利用分とキャッシング利用分が含まれており、そのクレジットカードのキャッシング利用分に過払い金が発生していた場合は、返還請求を行ったとしてもショッピング利用分の債務に充当される可能性があります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産後に過払い金が返ってくる?!※損しないために!!関連ページ