自己破産の時効はどれくらい?-キャッシングに利用など

自己破産の時効はどれくらい?-キャッシングに利用など

MENU

自己破産の時効はどれくらい?-キャッシングに利用など

抱えている借金の額が多額の人や借金を返済するために新たに借金を繰り返してしまうという人の多くは将来的に借金の返済に行き詰ってしまう可能性が高く、最終的に自己破産をする羽目に至ってしまうことも珍しくはありません。本来であれば、もっと早い段階で自己破産に頼らない方法で債務を整理することを考えるのが最善なのですが、借金の問題を抱えている人の多くは自分のそのような状況を第三者に相談することができないでいるうちに借金の返済に行き詰ってしまいます。
借金の問題を解消するための方法は他にも何種類かありますが、その中でも最終的な方法として用いられるのが自己破産と呼ばれる手段です。自己破産では、借金の返済義務が帳消しになる代わりとして自分の所有している財産のほとんどを手放すことになります。たしかに借金の返済義務が帳消しになればそれまでのように借金の返済について頭を悩まされるといったことからは解放されることになりますが、大きなデメリットもありその後の生活には確実に何かしらの影響を及ぼすことになります。
デメリットとしては、自宅などの不動産を所有していた人はそれを失うことになりますし、必要最低限の生活を送るために必要とみなされる家具や家電以外も処分しなくてはなりません。また、破産をしたという事実は個人信用情報機関へ一定の期間記録されたままになるので、新規での借入は破産の事実が信用情報から抹消されるまでの期間はすることができません。いわゆる、ブラックリストに載ることになってしまうのです。一般的に自己破産の時効は7年とされてはいますが、仮に個人信用情報機関から破産の履歴が抹消されたとしても消費者金融や金融機関のデータベースには破産をしたという事実が残されたままになっていることもあるので、そのような場合にはたとえ破産から時効となる期間が経過したとしても借入は困難となります。特に大きな金額が動く住宅ローンなどは審査には通ることができなくなります。
そのため、破産後の数年間はこれまでのように不足したお金を借金をすることによって工面することはできなくなります。また、新たに自宅を購入しようとしても住宅ローンの審査に通ることもありません。そのため、経済的には苦しいと感じるときもあるかもしれません。しかし、破産をすることによって借金の返済という重荷から解放されることになるので、借金の返済に追われる生活から心機一転新しい生活をスタートさせることができるのです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産の時効はどれくらい?-キャッシングに利用など関連ページ