自己破産するといつまで影響ある?-自己破産後の生活

自己破産するといつまで影響ある?-自己破産後の生活

MENU

自己破産するといつまで影響ある?-自己破産後の生活

債務整理を行うと借金の返済負担を抑えることが可能です。任意整理はそれほど大きな金額を軽減させることは出来ませんが、個人再生や自己破産は大きな債務の削減効果があります。どちらも裁判所を通じて手続きを行い、認可される必要がありますが、個人再生の場合は債務を5分の1程度に減額させることが出来ますし、自己破産はすべての債務を免除することが可能です。
自己破産の手続きを行えば、全ての借金をゼロにすることが出来ます。返済負担が重くのしかかって来ている人にとっては、非常に助かる制度です。しかし当然ながらメリットだけでは無く、デメリットも受け入れる必要があります。
破産手続きを行えば、信用情報機関の信用情報に事故情報が記録されてしまいます。この事故情報が記録されることは、所謂ブラックリストに載ると言われることに相当します。信用情報に事故情報が記録されている期間は、様々な審査に通らなくなってしまいます。様々な審査とは、銀行や消費者金融などへの融資の申込やクレジットカードの新規作成、あるいは保証会社を保証人とする賃貸契約を結ぶことなどが含まれます。では、いつまでこの事故情報が残っているのかと言いますと、自己破産の場合は信用情報機関にもよりますが5年から10年間は記録が残っています。任意整理や個人再生でも5年ほどは事故情報が残っていますので、債務の削減効果を考えれば破産手続きを行ったからと言って極端にデメリットが大きい訳ではありません。そもそも破産手続きを行って全ての借金をゼロに出来た場合は、その後は借金に頼らない生活を心掛けることが大切ですので、新たな融資を受けられないことは大きなデメリットとして捉えるべきではありません。
また破産手続きの影響がいつまで続くのかと言うことに加えて、生活に影響することが財産の処分についてです。自己破産を行えば、必要以上の財産を持ち続けることは出来ません。自由財産と言われている99万円以下の現金や生活必需品以外は破産管財人によって換価され、債権者への配当に充てられます。ただし自由財産の拡張として、価値が20万円以下の財産に関しては手元に残しておくことが可能ですし、裁判所や破産管財人の判断によっては20万円を超える財産を残しておける可能性もあります。
また給与などに関しては、差し押さえ禁止財産となっています。その為、破産手続きによって財産を没収された場合でも、その後の収入によって様々なものを自由に購入することは出来ます。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産するといつまで影響ある?-自己破産後の生活関連ページ