自己破産|委任状って?書き方はどうすればいい?

自己破産|委任状って?書き方はどうすればいい?

MENU

自己破産|委任状って?書き方はどうすればいい?

債務整理は法律を利用して借金問題の解決を行う事が出来る方法で、任意整理、自己破産、個人再生、特定調停などの方法が在ります。
どのような方法でも、自分一人で債務整理を行う事は可能ですが、借金問題を抱えているため、精神的な負担が多くなる事からも弁護士などに依頼をして借金問題を解決するのが一般的です。

また、弁護士に依頼する事で返済が遅れたことに対する催促をストップさせることが出来ますし、支払についても停止が可能になります。
更に、電話などで取り立てを受けている場合など、弁護士が委任を行う事で債権者側は全ての業務は弁護士を介さなければ行う事が出来なくなります。

これは弁護士介入通知や受任通知と呼ばれている書類が債権者の元に届けられるからで、弁護士介入通知などの書類を受け取った時は、直接債務者に対してのアクションが禁じられると言った法的な手段を利用できるようになります。

そのため、弁護士に依頼をすることで借金問題を抱えてしまう前と同じような生活に戻せるなどのメリットが在ります。

弁護士は債務者に代わり、消費者金融や貸金業者直接交渉する事になりますが、弁護士は債務者の代理人になっている事が前提条件となります。
弁護士や法律上の代理人になることで、債務者に代わっての交渉が可能になると言う委任状が必要と言う事です。

また、債務整理と言うのは裁判所を通じて手続きを行う自己破産などの方法も在りますが、自己破産の場合は裁判所に対して申立を行う必要が在り、この時も債務者の代理人を務める事を証明するための委任状が必要とされると言う事です。

法律事務所での借金相談は、弁護士に依頼する事になった時に委任の契約を交わすことがスタートとなります
委任契約は委任状を作成する事になりますが、この書類には委任する側の意思が確認出来る内容になっている事が重要であり、用紙や書式と言うものは問われません。

しかし、委任する側の住所や氏名(自筆)、生年月日、そして委任を行う側の捺印を行う事、代理人となる弁護士などの住所や氏名、委任する内容について明記を行う事が重要となります。
この書類を作成する事で、依頼側となる弁護士は債務整理を着手する事が出来るようになると言う事です。

任意整理などの場合は、債権者との交渉を行う時に必要となりますし、自己破産の手続きを行う時には裁判所に申立書を、個人再生の手続きを行う時にも再生計画書を提出する場合など、弁護士が委任を受けている証明が必要になるわけです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産|委任状って?書き方はどうすればいい?関連ページ