自己破産はいくらからできるの?|借金額に制限はある?

自己破産はいくらからできるの?|借金額に制限はある?

MENU

自己破産はいくらからできるの?|借金額に制限はある?

借金の返済が出来なくなった場合には、債務整理を行うことも必要となります。債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の三つの手続き方法がありますので、債務の状況や収入などを考慮して最適な手続きを選択することが大切です。
債務整理の中でも最も減額効果が大きい手続き方法が、自己破産です。裁判所によって認められれば、全ての債務が免除されますので、借金問題を解決する最終手段と言えます。
では自己破産は借入残高がいくらから行えば良いのか迷いますが、金額として明確な基準がある訳ではありません。債務が数千万円あったとしても収入が多ければ返済することは可能ですし、債務が数百万円でも収入が低ければ返済を続けることは困難となります。あくまでも自分で返済することが難しいと判断して、裁判所がそれを認めてくれれば破産が成立します。ですので、自分で返済が出来ないと思っても、裁判所が返済可能と判断すれば認めてもらうことは出来ません。
借金地獄に陥っている方の多くは、利息負担がどんどん膨れ上がってしまい、何とか返済を続けていても元本がほとんど減らない状態になってしまっています。そうなれば、少なくとも何らかの対策を講じなければいけません。そのまま我慢して返済を続けていても、どんどん負担が増えてしまうだけです。個人再生や自己破産など法的な手続きによって債務を減額させることについては、ネガティブなイメージを持つ人も多いです。確かに自分がお金の管理をきちんと出来なかったことを反省する気持ちは分かりますが、債務整理は債務者を救う正当な方法ですので、躊躇することなく手続きを実行することが必要です。
最初は任意整理から検討してから、個人再生・自己破産と順序を踏んで検討して行くことが必要です。債務の減額効果が大きければ、それだけデメリットも大きくなりますので、いきなり破産手続きに絞って考えることは良くありません。もし過払い金が発生していれば、返還請求手続きを行うことも返済負担の軽減には有効ですので、弁護士や司法書士に相談しながら解決策を導き出すことが重要です。
注意しなければいけないことは、どの手続きを実行する場合でも、必ずデメリットを認識しておくことが必要です。全ての債務が免除出来るからといって、容易に破産手続きを行ってしまっても、財産まで処分しなければいけなくなります。もう少しがんばれば、任意整理や個人再生でも対処できると言ったケースもありますので、慎重に手続きを選ぶことが大切です。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産はいくらからできるの?|借金額に制限はある?関連ページ