自己破産の費用ってどれくらい?-知らないと損する?!

自己破産の費用ってどれくらい?-知らないと損する?!

MENU

自己破産の費用ってどれくらい?-知らないと損する?!

毎日の暮らしの中で、衝動買いをし過ぎてしまったり、同僚と飲みに行き過ぎたり、友達と遊びに行き過ぎるといった形で、お金を使い過ぎる事があります。しかもそういった予定外の出費が重なると、生活費が不足するといった事態になる事があるのです。そういった際は、無計画な浪費を反省しつつも、不足した生活費を穴埋めする必要があります。
多くの場合、そんな風に生活費の穴埋め等のちょっとした切っ掛けで、貸金業者からの借入れを開始します。そしてキャッシングやカードローンといった借入れサービスの手軽さと、便利さに気付くのです。その結果、段々とお金を借入れする事に抵抗がなくなり、遂には自分の口座からお金を引き出す様な錯覚まで生じて、借入金が膨れ上がってしまいます。そうして返済困難な借金問題を抱える様になるのです。
そういった借金問題を解決する1番の方法と言えば、自己破産です。自己破産を行う事で、家や車等の財産を所有出来なくなったり、ブラックリスト入りする等デメリットが生じますが、膨れ上がった借金を帳消しにする事が出来ます。なので返済不能に陥った人の、最終手段として用いられているのです。
そんな自己破産ですが、実行するには費用が掛かります。ただしどういった形で行うかにより、自己破産に掛かる平均費用にも違いがあるのです。例えば自力で行う場合の平均費用は、3万円程ですが、現実的に自力で全ての手続を行うのは難しかったりします。そこで弁護士に依頼する事になりますが、弁護士の場合の平均費用は着手金が20万から40万円で、更に免責が得られた場合、同額程度の報酬が掛かります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産の費用ってどれくらい?-知らないと損する?!関連ページ