自己破産-もう借金を払えない!そんな人のための救済法

自己破産-もう借金を払えない!そんな人のための救済法

MENU

自己破産-もう借金を払えない!そんな人のための救済法

複数の消費者金融会社から借金をしているという場合、借金の返済が難しいということがあります。そのような人のための生活再建方法として自己破産があります。自己破産が認められた場合には、これまでの借金をゼロにすることが出来ます。一から生活を立て直すことが出来るというメリットがあります。しかし、手続きを行うためには、費用が必要となります。その費用は弁護士費用や裁判所に支払う予納金などがあります。この費用が払えないがために自己破産を行なうことが出来ないと考えている人もいるようです。
弁護士費用などを払えないからと言って、その費用をキャッシングなどを利用して手にすることは詐欺罪にあたるため、行なうことは出来ませんので、注意が必要です。これは、自己破産が借金をゼロにするための手続きであるためです。最初から払う気がないにも関わらず、お金を借りるということになりますので、詐欺罪となるわけです。
では、どのようにすれば良いのでしょうか。まず、親類や家族に一時的にお金を援助してもらうという方法があります。借金をするのではなく、あくまでも援助してもらうということがポイントとなります。頼むことが出来るようであれば、援助を依頼するようにしましょう。
しかし、中には家族とは疎遠になっている、協力を得ることは難しいという場合も多いでしょう。そのような場合には、法律相談支援を行なっている団体に相談するという方法があります。これは、経済的に困難な人のために弁護士に無料で相談することが出来たり、場合によっては手続きに掛る費用の立て替え支援を行なっている団体のことを指します。全国各地に90近い事務所があり、気軽に相談することが出来ます。
費用の立て替えについては、一定の条件を満たす必要がありますが、無利息で立て替えてもらうことが出来ます。返済額は月額5000~10000円と返済負担は軽いと言えるでしょう。
費用の立て替えを受けるためには、まずは相談を行う必要があります。その上で、自己破産を行なうことが適切であるか否かを判断する必要があります。また、収入が少ないということを証明するために給与明細や納税証明書などの書類が必要となります。
手続きを行ったとしても、必ずしも借金をゼロにすることが出来るとは限りませんので、注意が必要です。ギャンブルが原因の借金であったり、過去7年以内に同じような手続きをした場合がそれにあたります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産-もう借金を払えない!そんな人のための救済法関連ページ