自己破産はギャンブルが原因だとできないの?-条件とは?

自己破産はギャンブルが原因だとできないの?-条件とは?

MENU

自己破産はギャンブルが原因だとできないの?-条件とは?

債務超過が増えてしまい、これ以上返済することができないという債務者にとって救済処置となるのが自己破産になります。債務者にとって借金はなくなりますが、債権者にすれば大きな損失になりますので裁判所もそう簡単に自己破産を認めたりはしません。裁判所が自己破産を認める大前提としてあるのは、支払不能状態といってもうこれ以上はお金を返済することができないという状態を認められなければなりません。まずこれが第一前提になります。

またよく知られた認められる条件として、借金の理由がギャンブルや浪費癖ではないことです。これは借金の理由がギャンブルである場合、自己破産は認められないとあります。自己破産を許可するにあたり裁判所は、免責不許可事由というものがあり、その項目にもギャンブルに関しての記述があります。

しかし最近ではこのギャンブルが原因の借金でも自己破産が認められているケースが増えています。その理由として借金や仕事に対するストレスでギャンブルに走った等の理由から免責許可がおりています。このような理由は、裁判所の裁量免責といって自己破産に対する手続きからそれに至るまでの姿勢、そしてこれから借金に対してそして生活とお金に対してどのように向き合っていくのか?という部分も裁判所はしっかりとみてから判断します。ギャンブルでも免責許可が下りることがありますので、まずはあきらめないで法律事務所に相談することをおすすめします。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産はギャンブルが原因だとできないの?-条件とは?関連ページ