自己破産|子供の学資保険はどうなっちゃうの?

自己破産|子供の学資保険はどうなっちゃうの?

MENU

自己破産|子供の学資保険はどうなっちゃうの?

自己破産すると自分名義の時価が20万円以上ある財産は全て処分して借金の返済にあてなくてはいけません。しかし学資保険は子供のための保険であり名義も子供にしているので、処分対象からは免れるのではないかと思っている人もいますが、残念ながら学資保険も処分の対象になります。
子供の名義とはいえ保険料を払い続けているのは親なので、親の財産の一部として取り扱われるからです。親が自己破産すればその他の生命保険などと同じように処分して借金の返済にあてなくてはいけません。
しかし処分対象になるのは20万円以上価値のある財産なので、保険を解約しても払戻金が20万円に満たない場合には処分対象からはずれます。また学資保険に契約者貸付がついている場合には、それを利用して払戻金を減らすことで処分対象からはずすことができる場合があります。ただし貸し付けによって得たお金の使い道は子供の教育費や生活のための資金といった、裁判所が納得するようなものである必要があります。
また自己破産する場合にはどうしても必要と裁判所に認められれば、20万円を超える財産でも処分対象からはずれる場合があります。自動車を所有しているが仕事をするためにどうしても手放せないといった場合や、交通の便の悪いところに住んでおり自家用車がないと病院に行けないなどやむを得ない事情があると裁判所が判断すればもち続けることが許可されます。
学資保険も子供の将来のためには解約しないほうが良いものなので処分対象からはずされる可能性はあります。残せるか残せないかは裁判所判断によるので、自己破産に詳しい専門家に相談して裁判所に対応してもらったほうが学資保険を残せる可能性は高くなります。
自己破産をすると全ての財産を失ってしまうとするのを怖れている人も多いのですが、実際は経済的に破綻した人を救うための救済措置です。家財道具などはほとんど手元に残すことが出来る上、現金もある程度所有でき、生活再建に必要と考えられる物は残しておくことが許されています。また借金を返済する義務がなくなるのでお金のことで悩んだり金策に走り回る生活をやめることができます。
専門家に手続きを依頼すると、すぐに督促をやめさせることができ借金の返済も手続きが終わるまで猶予されることになっています。着手したその日に督促がやむので平穏な日を取り戻すことができ、早めに手続きを開始した方が家族のためにもなります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産|子供の学資保険はどうなっちゃうの?関連ページ