自己破産後もETCを使いたい!方法を教えて!

自己破産後もETCを使いたい!方法を教えて!

MENU

自己破産後もETCを使いたい!方法を教えて!

自己破産といえば厳しい取り立てに遭うと考えている方は少なくありません。
自宅の家財をすべて差し押さえられて、生活ができなくなるとイメージする方もいます。
こうしたイメージの多くは、テレビドラマの影響によるものです。
鍋やヤカンなどに赤い紙を貼られて差し押さえに遭うと考えている方が多いですが、実際にはそのようなことはありません。
生活において必要最低限の資産は守られるのです。
もちろん家は手放す必要がありますし、車も売値が20万円以上になると判断されれば差し押さえの対象となります。
20万円未満の財産に関しては、そのまま残されることになります。
生活必需品とは冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコン、電子レンジ、その他です。
生活においてないと不便なものは、そのまま残されると考えていいでしょう。

取り立てと差し押さえについてはまた別のものです。
自己破産の手続きを開始すれば、貸金業者からの取り立ては完全に止まります。
債務整理の手続きを開始した時点で、取り立ては法的に禁止されるのです。
借金整理後はブラックリストに登録されて5年~7年程度ローンを利用できなくなりますが、これは大きな問題ではありません。
むしろローンを利用できないことで、生活の健全化が可能となります。
ローンを利用して利息を支払うことは、将来の自分から借金をしているのと同じことです。
利息を支払うほどお金は減り、貧乏に近づいていくのです。
必然性のない用途にローンを使うのは避けたほうがいいでしょう。

返済義務に関するetcでは、親族への返済義務の移行に関する質問が多いです。
これに関しては、保証人になっていなければ親や兄弟が借金を肩代わりする必要はありません。
本人の借金を配偶者に求めてくる貸金業者は存在しますが、連帯保証人や保証人になっていなければ問題ありません。

自己破産のetcでは、実際とは異なるイメージを抱いている方が多いですが、実際に自己破産をした方はデメリットは思いのほか小さいと話します。
破産をすれば官報という情報誌に名前が乗りますが、これが原因で周囲にバレる可能性はほとんどないでしょう。
官報を日常的に見ている方は一般の方ではまずいません。
当然、黙っていれば会社にもバレることはありませんが、会社から借金をしている場合はバレることになります。
ただ、自己破産を理由にして解雇することは認められていません。
世間一般的に思われているよりも、デメリットはずっと小さいのです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産後もETCを使いたい!方法を教えて!関連ページ