自己破産|延滞した税金はどうなる?債務は全部なくなる?

自己破産|延滞した税金はどうなる?債務は全部なくなる?

MENU

自己破産|延滞した税金はどうなる?債務は全部なくなる?

社会人ともなると金融機関や消費者金融、信販会社などからお金を借入れるケースはしばしばありますが、借入れたお金は必ず返済をするというのが原則です。現時点で何らかの借金をしているという人は少なくはないでしょうが、その中には将来的に会社の倒産やリストラなどの想定外の事情によって、当初の計画通りに借金の返済を続けていくことができなくなってしまう人もいるかもしれません。
たしかに想定外の事情になどによって借金の返済が困難になってしまうということは、本人にとって非常に苦しい状況なのですが、だからといってそのような状況を放置していては自分を取り巻く状況はさらに厳しいものになってしまいます。特に借金の滞納や延滞は最悪の場合、自己破産へ追い込まれてしまう可能性があるからです。
借金の滞納や延滞が続いた場合、債権者であるお金の貸主は督促状や書面による取立てなどの債権回収の措置をとることになります。この時点で必ず行っておきたいのが、正直に自分が現在おかれている状況を説明し、可能であれば月々の借金の返済額や利息の支払いを待ってもらうなどの交渉を行うことです。債権者側としても貸したお金が貸し倒れとなって全く戻ってこないよりも、ある程度の妥協をすることで少しでも多くのお金が戻ってくるほうを選ぶはずなので、交渉することは決して無駄とはなりません。そのため、借金の返済が困難な状況になったときには、司法書士や弁護士へ相談をして任意整理をするのがベストな選択となります。
しかし、借金の返済が困難になってしまった人の中には度重なる取立てや督促を意図的に無視し、借金の返済を踏み倒そうという人がいます。ただし、借金の踏み倒しというものは簡単にはできるものではなく、最終的には債権者側に法的な措置をとられることになってしまいます。もしも、債権者側が法的な措置といった行動を実行に移した場合、財産や給与などを差し押さえされてしまうことになってしまいます。
そのような状況に追い詰められないようにするためにも、借金の返済に行き詰ってしまったときには司法書士や弁護士に相談をしたうえで債務の整理をするのが一番ですが、任意整理などを行っても借金の整理を仕切れないという場合には最終的な手段として自己破産をしなくてはならなくなります。自己破産では一定の財産以外のものに関しては手放さなくてはなりませんが、借金の返済という大きな重荷から解放されて新しい生活をスタートさせるきっかけとなります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産|延滞した税金はどうなる?債務は全部なくなる?関連ページ