自己破産するとキャッシングできない?!※破産後の生活

自己破産するとキャッシングできない?!※破産後の生活

MENU

自己破産するとキャッシングできない?!※破産後の生活

自己破産とは裁判所の判断で個人の負債を全て帳消しにする手続きです。任意整理のように無利子・長期分割払いでも借金を自力で返済するのとは異なり、一度破産してしまうとそれまでの借金を全て踏み倒すことになるわけですから社会的な信用を失うことになってしまいます。裁判所が自己破産を認めたら官報に掲載され、その時点で融資を受けていた金融会社などの債権者は債権を放棄させられます。すると、債権の放棄を行った金融会社は自社で管理している個人の信用情報に破産についての情報を記録し、さらに信用情報機関(民間会社)にも登録を行います。信用情報機関では登録された個人の信用情報を一定期間保管した後に削除を行います。信用情報機関に保管された情報が削除されるまでの期間は会社によって異なりますが主に消費者金融が利用しているJICCやCICでは5年間、主に銀行が利用する全国銀行個人信用情報センターでは10年間となっています。クレジットカードやカードローンでキャッシングサービスの申し込みを行えば必ず信用情報機関の情報が照会されるので審査を通過できない可能性が高くなりますし、信用情報機関で情報が削除された後でも審査を行った会社内で破産した記録が保存されることになります。保証会社の利用や携帯電話の分割購入でも同様の理由で断られます。ちなみに自己破産の際に融資を受けていて負債を帳消しにしてもらった金融会社では情報を削除せずに保管している可能性があり、信用情報機関の登録情報の有無に関係なくキャッシングサービスなどを利用することができなくなります。それでも自己破産後に信用情報機関の記録が削除されるまでクレジットカードやカードローンその他の融資に関する申し込みをしないようにして、記録が削除された後にそれまで全く利用したことが無い別の系列の金融会社にキャッシングを申し込んだ場合であれば、その会社は債務整理の情報を知ることができないので審査に通る場合があります。但し10年間もクレジットカードすら利用していなければ、その間に何らかの債務整理を経験していると疑われる可能性があります。ほぼ全ての大手金融会社では債務整理を経験した人に対するサービスの利用を認めていませんが、一部の中堅消費者金融会社では自己破産を行った人であっても1年かそれ以上の期間が経過していれば30万円程度の少額のキャッシングの利用を認めているケースがあります。このような金融会社でキャッシングサービスを利用して返済の実績を積むようにして信用情報機関から破産についての情報が削除された後に、大手の金融会社からも融資を受けられるようになる可能性があります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産するとキャッシングできない?!※破産後の生活関連ページ