自己破産を【ばれないで】やり遂げるための方法

自己破産を【ばれないで】やり遂げるための方法

MENU

自己破産を【ばれないで】やり遂げるための方法

自己破産を考えている人が一番気になることは「家族や周囲の人たちにばれること」ではないでしょうか。官報に掲載されてしまうため、周囲の人たちにばれてしまうと思いがちですが、じつはそんなことはありません。官報に掲載された後に、闇金やソフト闇金からのハガキが届くようになりますが、それだけで「自己破産したんだな」とは分かりません。官報を見る人は主に金融業の人で、一般人が目にする機会はほとんど無いといってもいいでしょう。「会社を解雇されるかも」と不安な人も、心配する必要はありません。会社側は「自己破産を理由に解雇はできない」からです。
基本的には自分の口から話さない限りはばれないのですが、もちろん例外もあります。それは興信所を使われたときです。結婚前に相手方があなたのことを興信所に依頼をすれば、自己破産をしたことが分かってしまう可能性はあります。結婚を考えている相手がいるなら、先に話しておくことをおすすめします。また、一定期間はローンを組めない・クレジットカードが作れない状態になるので、勘がいい人なら感付くこともあります。
破産宣告は、これまでの借金をゼロにする代わりに、様々な制限も存在します。資格制限、新規借り入れができない、財産は没収されるなどです。
また、督促や取立に対する精神的負担も減りますが、今度は誰にもばれないようにするという新たな不安も出てきます。弁護士によっては、「イメージが悪い・100%ばれないという保証ができない・今後の為にも他の債務整理がいい」と、破産を勧めない人もいます。自分自身の状況とよく相談したうえで、破産手続きを開始しましょう。
自己破産がばれないようにするには、運やこれまでの対応にもよります。基本的には家族にばれないように金融会社側も配慮してくれるのですが、督促を無視し続けたり、返済の意思を見せなかったり、悪質な利用者だと見なされた場合は家族にも連絡を取ってきます。その状態で破産宣告の手続きを取れば、ばれてしまう可能性が高いです。今まで届いていた督促のハガキや電話がピタッと止まるので、債務整理や借金問題に詳しい人がいれば分かってしまうことがありますので、注意しましょう。一人暮らしであれば、そのままでも問題はありませんが、同居している家族や恋人がいるのであれば、正直に話してしまうのも一つの方法です。人生の再スタートと呼ばれる破産ですが、デメリットもよく理解しうえで行ってください。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産を【ばれないで】やり遂げるための方法関連ページ