自己破産でトラブルを起こさないために知っておきたいこと

自己破産でトラブルを起こさないために知っておきたいこと

MENU

自己破産でトラブルを起こさないために知っておきたいこと

金融機関からお金を借りて、その返済がどうやっても難しい時は破産処理をします。
破産処理には色々なものがありますけど、一番効果があるのは自己破産です。
他の破産処理方法だと借金が残ってしまいますが、この処理方法ならば借金をゼロにできます。
ただし自己破産も万能な方法ではなく、場合によっては何らかのトラブルになるケースも存在します。
よく起こりやすいトラブルとしては、カードやローンなどの利用が難しくなることです。
破産処理をするとその記録はブラックリストに載ってしまい、かなり長期間その情報が残り続けます。
そのため破産処理をする時に利用していたクレジットカードや、ローンなどが急に利用できなくなることがあります。
そういうリスクがありますから破産処理をするときは、カードやローンに問題が起こらないかよく考えてから行うべきです。
また自己破産では別の問題も存在し、それは連帯保証人への影響です。
この破産処理をすると本人の借金はなくなりますが、連帯保証人の借金は残ったままになります。
勘違いをしている方が結構いますけど、破産処理をしても借金そのものをなくすことはできません。
破産処理でできるのは返済ができないと特定の人物について認めるだけで、借金そのものは残るようになっています。
そのため自己破産をした時は、その人の借金の支払は免除してくれます。
しかし連帯保証人の支払いまでは免除してくれないので、連帯保証人には支払い義務が残ります。
もしこのような問題を解決したい時は、連帯保証人も破産処理をすることになります。
そういう問題があるのでこの破産処理を利用する時は、連帯保証人とよく相談してから行ったほうがいいです。
そうしないと後でトラブルになることがあり、人間関係がおかしくなることもあります。
この破産処理方法はこのように色々な問題点があるので、利用をするときは慎重に行うべきです。
できれば弁護士などの専門家と相談をしながら行ったほうがよく、そういう所を利用できれば問題は起こりづらいです。
また破産処理をする時は連帯保証人に迷惑がかかりやすいので、そういう人に対しては事前に連絡をする必要があります。
こういう事前の準備をしておけば自己破産はやりやすくなり、上手く利用できれば借金の負担をなくすことができます。
手続きそのものは難しくはないので、トラブルを避ける工夫をしておけば効果的に借金の問題を改善できます。
特に弁護士に頼んだ場合は手続きの殆どをやってくれることが多いので、かなり簡単に行うことが可能です。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

自己破産でトラブルを起こさないために知っておきたいこと関連ページ